【イベントレポート】イェンスさんによるバカラオのオーブン焼きを作る料理教室

September 17, 2019

 

8月、9月特集国のノルウェーの料理教室、第2回の模様をお届けします。

講師には前回に続きノルウェー出身のイェンスさんと、奥様のかおりさんをお招きしました。

悪天候の影響もあり、少人数での開催になりましたが、アットホームな雰囲気で盛り上がりました。

 

 

今回のレシピは、ノルウェー産の干し鱈バカラオを使ったオーブン焼き・オイルサーディンのオープンサンド・ノルウェーワッフルの3種。イェンスさんの英語での説明をかおりさんにフォローしていただきながらおこなわれました。

 

 

まずは水で塩抜きした大きな鱈を下ごしらえしていきます。立派な鱈に参加者のみなさんから思わず歓声が…。

 

 

前回同様、骨抜きがみなさん手こずっていました。

鱈は日本のものでもできますが、やはりノルウェー産のものと比べると風味は異なるようです。本場の味を楽しみたいなら、やはりその国の産地のものを使うのがおすすめです。

 

 

今日のオーブン焼きは野菜もたっぷり使います。

 

 

先生の丁寧なレクチャーの様子。参加者の方々は普段からお料理されている方が多く、塩の分量や切り方など、細かく質問していました。調理はとてもスムーズです。

 

 

オーブンで焼くためにバットに材料を入れ替えているところ。交代しながら先生と共同で作業を進めていきます。

 

 

お野菜の上に乗せられたメインのバカラオ。完成は間近…。

 

 

魚が焦げないように蓋の役割をするトマトを上に乗せていきます。

 

 

最後に生クリームをまんべんなくかけて、オーブンへ。彩り豊かですでに美味しそう!

 

 

焼きあがったら仕上げにゆで卵をのせ、オリーブ、にんにくをバターで和えたソースをかけていきます。かけた瞬間、食欲をそそるかおりが店内に広がります。

 

 

「ノルウェーのバカリャウと野菜のあつあつオーブン焼き」が完成しました。

 

 

続いて、イェンスさんのお手製パンを使ったオープンサンド作り。

オリーブオイルかバターをお好みでかけます。

 

 

使うのはノルウェー産のオイルサーディンの缶詰。

 

 

レタス、チェリートマト、ディルなどを使い、思い思いに盛り付けしていきます。

 

 

出来上がりはこちら。

とてもキレイな盛り付けです!

ノルウェーのジュース、ブルーベリーのサフトも一緒に。

 

 

1時間たらずで、ヘルシーで彩り豊かなノルウェーのお食事が完成しました!

 

 

今日の出会いに感謝しつつ、乾杯と共に記念撮影を。ノルウェーでは乾杯のことを「スコール!」と言うそうです。

 

 

オーブン焼きのお味は…。

味付けはシンプルだけど、鱈の塩気やオリーブ、にんにくの風味が効いているのでしっかりした味わいです。何よりお野菜もたっぷりなのでヘルシーながらもボリュームがあるのは女性にも嬉しいお料理。

 

 

お食事しながらみなさん先生と色々な話をされていました。今回の参加者のみなさんは全員ヨーロッパ旅行経験があり、ノルウェーに行かれたことがある方もいて、自然と会話も弾みます。

 

 

食後のデザートは前回に引き続き、ノルウェーワッフルを焼いて召し上がっていただきます。相性のよいノルウェー産のブラウンチーズ、ブルーベリージャム、サワークリームも一緒に。

お食事後は「お腹いっぱいで満足!」「初めて食べたけど美味しかった〜!」とのお声をいただきました。

終了後も先生とのお話は続き、最後まで楽しんでいただけたようです。

Please reload

Featured Posts

【イベントレポート】リタさん、ミゲルさんと作る優しい味のポルトガル家庭料理

December 9, 2019

1/10
Please reload

Recent Posts

Please reload

Archive