7月と8月はデンマークの朝ごはん

July 5, 2016

 

本日、7/5(火)からはデンマークの朝ごはんがスタートします!

 

近年、世界一幸せな国と注目される北欧の国デンマーク。社会保障が充実しているからといわれますが、小さい時から自分探しを徹底する独特の教育法により、自らの人生を自分で判断して生きているという実感を持っている人が多いからだとか。また、他の国の言葉では置き換える事ができない「人とのふれあいから生まれる温かな居心地のよい雰囲気」という意味のHygge(ヒュッゲ)という言葉があって、デンマークの人はみんなヒュッゲな時間を大切に生活しているそう。7月と8月のワールド・ブレックファスト・オールデイはそんなライフスタイルのお手本がいっぱいな幸せの国デンマークを朝ごはんを通して旅します。

 

デンマークの朝ごはん ¥1500(税抜き)
2016年7月5日(火)からスタート(~9月4日(日)まで)

 

バターとパンという意味のデンマークの国民食スモーブロー(オープンサンド)。バターを塗ったライ麦のパンにいろんな具をのせる手軽な料理で、昼ごはんとしてよく食べますが、トッピングは定番の組み合わせがあってシンプルなものを朝ごはんによく食べます。ハムとゼリー、ジャガイモとラディッシュの組み合わせが朝の定番です。そして「大工さん」という意味のポピーシードがついた髭面の白パン、ハンベルカーロンシュテカーは2つに切ってパレイキショコレウという市販のチョコレートをのせたり、チーズとジャムをのせて食べます。またライ麦のパンをビールで煮たウルブローも朝の人気メニュー。朝ごはんのほか夏に収穫したベリーやエルダーフラワーを濃縮したサフトゼンといったデンマークを代表するドリンクや夏らしいデンマークのデザートなどもご用意します。また会期中はデンマークに関するワークショップなどのイベントを多数開催します。

Please reload

Featured Posts

ポルトガルのワークショップ開催のお知らせ⁣

November 12, 2019

1/8
Please reload

Recent Posts

Please reload

Archive

Please reload