台湾の朝ごはん

December 27, 2015

 

年末年始のお知らせ

12月28日(月)〜1月4日(月)までお休みさせていただきます。なお、1月5日(火)は平常どおり7時30分より開店いたします。2016年も朝ごはんを通して世界の国々を旅していきます。WBAをよろしくお願いします!

そして、来年1/5(火)からは次の国、台湾の朝ごはんがスタートします。

日本人にも人気の「台湾」。親日家が多い、美味しい食べ物がたくさんといったイメージを抱く人が多いと思います。日本との民間レベルの交流はたいへん盛んですが、1972年から日本政府としては国交を断絶。そうした厳しく複雑な歴史背景のある台湾では原住民の文化に中国や日本、欧米の文化がミックスした多様な文化が育まれ、特に食べることを大事にする台湾では、朝昼晩とも外食することが一般的な台湾独自の豊かな食文化があります。2月には春節(お正月)を迎える台湾。1月と2月のワールド・ブレックファスト・オールデイは朝ごはんを通して台湾を旅します。

台湾の朝ごはん ¥1500(税抜き)
2015年1月5日(火)からスタート(~2月28日(日)まで)

台湾では朝ごはんも外で食べるのが一般的。街には朝ごはん専門店もあって、人それぞれ好みの朝ごはんを選んで食べます。中でも人気の3品を1プレートの朝ごはんにしました。まず、豆乳のスープ「鹹豆漿(シェンドウジャン)」。お酢が入っていてゆるい豆腐のように少し固まったスープに揚げパンのような油条(ユウティアオ)や干し海老、ザーサイなどの具がたくさん入っています。それから中国と欧米の文化がミックスしてチーズやハムが入った、もちもち食感の台湾の玉子焼き「蛋餅(ダンピン)」。そして餅米でにぎった具だくさんおにぎり「飯団(ファントワン)」。朝ごはんのほか台湾の国民的なドリンク「米漿(ミチャン)」や温かいデザート「豆花(トゥファ)」なども用意します。また会期中は台湾に関するワークショップなどのイベントを多数開催する予定です。

 

Please reload

Featured Posts

「食を通してフランスを知るパーティー」のお知らせ

January 30, 2020

1/5
Please reload

Recent Posts

Please reload

Archive