ペルーの朝ごはん

February 24, 2015

 

WORLD BREAKFAST ALLDAY 12ヶ国目となる3月と4月は南米のペルーを特集します。3月3日(火)からスタートです。

We will feature a "Peruvian breakfast" in March and April.

ナスカの地上絵や空中都市マチュピチュがあったインカ帝国がかつて栄えたペルー。近年は豊富な鉱山資源や水産資源をもとに経済成長中。首都リマがある沿岸部、アンデス山脈が走る高地部、アマゾン川流域の熱帯雨林という3つのエリアから構成される多様な環境をもつ国です。

朝、焼きたてのパンが並ぶパン屋の前にバナナの葉で包んだトウモロコシのチマキ「タマル Tamal」を籐の籠いっぱいに入れたタマル売りがやってきます。ペルーの人は毎朝パン屋に行って焼きたてのパン(パン・フランセース pan francés)とタマルを買って帰ります。脂身の多い豚肉を茹でたあとに焼き揚げる「チチャロン Chicharrón」と赤玉ねぎとパクチーのさっぱりとした「サルサ・クリオージャ Salsa Criolla」、スライスした甘いサツマイモのフライを、パン・フランセースに挟んだサンドウィッチとタマルを食べるのがペルーの朝ごはんの定番です。紫トウモロコシをフルーツとスパイスで一緒に煮出したペルーの国民的ドリンク「チチャモラーダ Chicha Morada」と一緒に、さあ召し上げれ! 

そのほか、栄養価が高いスーパーフードとして日本でも注目のペルー食材キヌアを使ったスープやペルーの伝統的なデザートもご用意します。また会期中はペルーをもっと知ってもらうための様々なイベントを開催予定です。

 

 

Please reload

Featured Posts

【イベントレポート】美味しいがいっぱいの国 ポルトガルの食文化をもっと知ろう!

December 6, 2019

1/10
Please reload

Recent Posts

Please reload

Archive

Please reload