6月と7月はブラジルの朝ごはん

ブラジルは「移民の国」。ヨーロッパ、アフリカ、アジア、先住民族とさまざまなルーツを持つ人々が共に暮らす多様性のある社会で、食の面でも、世界各地の料理と先住民族の料理が共存した独自の文化を持っています。熱帯雨林が広がるアマゾンには、キャッサバ芋や川魚、ココナッツや熱帯のフルーツを食べる伝統的な食文化が残っており、近年では健康志向の高まりから、アマゾンの料理がブラジル国内外で見直されています。6月と7月のワールド・ブレックファスト・オールデイはそんなブラジルを、朝ごはんを通して旅します。

ブラジルの朝ごはん

¥1,740(税込)

提供期間:6月1日(水)〜7月31日(日)


WORLD BREAKFAST ALLDAYがご用意するブラジルの朝ごはんは、アマゾンの主食キャッサバ芋のデンプンの粉「タピオカ」にモルタデッラとチーズを挟んでクレープ状に焼いた伝統料理がメインのワンプレート。タピオカを使って作るモチモチ食感のチーズパン「ポン・デ・ケイジョ」、スーパフード「アサイー」、南国らしいフルーツサラダに、グァバのお菓子「ゴイアバーダ」とチーズ「ケイジョ・ミナス」を添えました。その他、ブラジル風コロッケ「コシーニャ」やイタリア系移民によるデザート「パヴェ」、飲むサラダとも呼ばれる「マテ茶」など、ブラジルならではのサイドメニュー、デザート、ドリンクもご用意しています。


協力)

駐日ブラジル大使館

松橋美晴 (KIMOBIG BRASIL)

閲覧数:445回0件のコメント

最新記事

すべて表示