10 月と11 月は「アメリカ南部」を特集します

4年に一度の大統領選挙まであと1ヶ月余りとなり、世界からさらなる注目を集めている大国、アメリカ合衆国。50の州で構成される広大な国の中で、今回、WORLD BREAKFAST ALLDAYが注目したのが、アメリカの南部です。アメリカで「南部」と呼ばれるのは、合衆国の南東部に位置するエリアのこと。ジョージア州やアラバマ州、ミシシッピ州など、南北戦争(1861年〜1865年)のときにアメリカ合衆国から分離し、アメリカ連合国を形成した南部の州を指します。イギリス、フランス、アフリカ、ネイティブアメリカンなど、様々な民族、地域の料理が織り交ざってできた南部料理はアメリカの人々にとってのソウルフード。知っているようであまり知られていない、アメリカの食文化にぜひ触れてみてください。


アメリカ南部の朝ごはん

1,500円(税抜)

10月5日(月)〜11月29日(日)


今回、WORLD BREAKFAST ALLDAY がご用意するアメリカ南部の朝ごはんは、熱々のソーセージグレービーをたっぷりかけたバターミルクビスケットと、南部を象徴する朝食メニューのグリッツ(トウモロコシのお粥)、目玉焼き、ベーコンにピーナッツバター付きのリンゴを添えたワンプレート。そのほか、フライドオクラやパイナップルアップサイドダウンケーキといったサイドメニュー&デザート、南部のドリンクの定番として知られるスウィートティーやアーノルド・パーマーなど、ドリンクも多数ご用意します。また、WORLD BREAKFAST ALLDAY 各店では、アメリカ南部の朝ごはんをはじめ、世界各国の朝ごはんやドリンクをテイクアウトでもお楽しみいただけます。


協力

Graham McMurray

Kristin Wilson


閲覧数:864回0件のコメント