エルクーリさんに学ぶレバノンの料理とワインのワークショップ開催のお知らせ

地中海とアラブ世界の交差点に位置し、トルコとフランスの食文化影響を受けたレバノン。中東屈指の美食の国として知られ、世界的にそのおいしさとヘルシーさは定評があります。今回はレバノンの豊かな食文化と8000年もの歴史を持つレバノンワインについて学ぶワークショップです。ハーブやスパイスがふんだんに使われる洗練されたレバノン料理とレバノンワインのマリアージュを楽しみましょう!


当日はレバノン人とご結婚されレバノンと日本を繋ぐ活動をされているエルクーリ麻由さんに、レバノン料理の作り方を教えていただきます。中でもケッベはレバノンを代表するひきわり小麦とスパイスを使用した伝統料理。今回はカボチャとひきわり小麦の生地に、ほうれん草の具を型に重ねる焼きケッベを作ります。その他、パセリをふんだんに使用したレバノン式タブレ、秋茄子のペーストの作り方も教わります。料理ができたら、エルクーリさんのレバノンの食文化についてのお話とともに、エルクーリさん厳選のレバノンのオレンジワインとロゼワインの2種類とお食事を召し上がって頂きます。



日時)2022年11月2日(水)18〜20時

会場)銀座店(中央区銀座2-12-12)

参加費)3,500円(材料代、テイスティング用ワイン代込み)


以下のリンクよりお申し込みください

www.world-breakfast-allday.com/workshop


講師プロフィール

エルクーリー麻由 Mayù EL KHOURY

1979年東京生まれ。Vd‘Oヴァンドリーヴ株式会社副社長。 青山学院大学文学部フランス文学科卒業。 フランス文学と幼少期から学んでいる音楽(声楽)の為に フランスとイタリアに留学し音楽活動をおこなう。 約10年ヨーロッパで過ごす。 2009年冬帰国後レバノン人のスヘイルと知り合い結婚。 その後レバノンと日本の懸け橋となる仕事を共にするべく2012年にワイン輸入業者Vd‘Oヴァンドリーヴ㈱(www.vinsdolive.com)をスヘイルと共に立ち上げる。オーガニック、サスティナブル、ビオディナミ農法で自然派のこだわりのワインを珍しい国12カ国から輸入し、日本の食卓へ届けている。ヨーロッパやレバノンでの経験を活かし、ワイン、食、音楽などを通してそれぞれの国の文化を伝える活動も行っている。 Vd‘Oヴァンドリーヴ㈱ 

www.vinsdolive.com



閲覧数:228回0件のコメント