Finland

フィンランド

森と湖の国フィンランド。国土の3分の1が北極圏にあることから、夏は遅くまで明るい白夜に、逆に冬は一日のほとんどが暗いまま。そんなフィンランドの人々は短い夏をできるだけ楽しむ方法と、長い冬を快適に過ごす方法を知っています。
Finland is a country of forests and lakes. One-third of its land area is in the Arctic Circle, which means that in summer it is bright and midnight sun until late, while in winter it remains dark for most of the day. Finns know how to enjoy the short summer as much as possible and how to spend the long winter comfortably.

湖.jpg

フィンランドではたくさんの種類のベリーが採れます。採れたてのベリーはもちろん朝ごはんにも取り入れられ、ヨーグルトにのせたり、オートミール粥のなかにもベリーが入れることがあります。
In Finland, there are many kinds of berries that can be picked. Freshly picked berries are incorporated into breakfast, sometimes on top of yogurt or in oatmeal porridge.

berry1.jpg

サウナが一家にほぼ一台あると言われるほど、フィンランド人はサウナが大好き。70〜80度でじっくりと身体を温めたら、そのまま湖に飛び込んでクールダウンして、外気浴を楽しむのがフィンランド流です。
Finns love saunas so much that it is said that there is almost one in every household. The Finnish way of enjoying a sauna is to warm up slowly at 70-80℃ and then jump into the lake to cool down and enjoy in the open air.

sauna.jpg

スオミ Suomi

 

北欧諸国のひとつですが、スカンジナビア半島には含まれないフィンランド。国土に18万8千もの湖があることから、フィンランドの人々は自分の国をスオミ(Suomi。湖の国の意味)と呼び、水辺での暮らしを愛しています。

Finland is one of the Scandinavian countries, but it is not part of the Scandinavian Peninsula. With 188,000 lakes in the country, Finns call their country “Suomi” (which means a Country of Lake) and love to live by the water.

ヒンメリ Himmeli

 

藁に糸を通し、多面体を構成して最後にそれらを繋ぎ合わせて吊るす、フィンランドの伝統的な装飾品。1000年近い歴史があり、元々は北ヨーロッパの冬のお祭り、ユール(キリスト教でいうクリスマス)のための飾りでした。

Himmeli is a traditional Finnish ornament made by threading straw to form a polyhedron and finally joining them together for hanging. It has a history of nearly 1000 years and was originally a decoration for Joule, an old winter festival in northern Europe.

保存食 Preserved Food


鮭の塩漬けや魚の燻製からピクルスや果実のジュース、ジャムまで、長く厳しい冬に備えて、魚や肉、野菜や果物などを加工して保存食にする習慣が根付いています。
From salted and smoked salmon to pickles, fruit juices and jams, it is customary in Finland to process fish, meat, vegetables and fruits to preserve them for the long, hard winter.

1_Finland.jpg

カルヤランピーラッカ Karjalanpiirakka

フィンランドは寒くて小麦がよく育たないため、寒さに強いライ麦が作られています。カルヤランピーラッカはフィンランド東部カレリア地方の伝統料理で、今ではフィンランドの国民的な料理として軽食や朝ごはんに食べられています。
Since it is cold in Finland and wheat does not grow well, rye, which is resistant to the cold, is produced. Karjalanpiirakka is a traditional dish from the Karelia region in eastern Finland, and is now a national dish in Finland, eaten as a snack or breakfast.

キノコ Sieni

 

フィンランドはたくさんの種類のキノコが採れます。シーズンの5月初旬〜11月末に、人々は森に出かけてキノコ狩りを楽しみます。ミネラルやたんぱく質、食物繊維など栄養が豊富に含まれるキノコは、まさにフィンランドの森の恵みです。 There are many kinds of mushrooms in Finland. During the season from May to November, people go out into the forest to pick mushrooms. Rich in nutrients such as minerals, protein and fiber, mushrooms are truly a blessing of the Finnish forest.

グロッギ Glögi

 

フィンランドでクリスマスの時期に飲まれるグロッギ。カシスやぶどうジュースにシナモンやクローブなどのスパイスやナッツが入っています。赤ワインがベースのワイングロッギもご用意しています。

Groggi is drunk in Finland during the Christmas season.It is made of blackcurrant or grape juice with spices and nuts such as cinnamon and cloves. Wine groggi based on red wine is also available.

ヘルネケイット Hernekeitto

 

ヘルネケイットはえんどう豆のスープ。北欧では古くから木曜日に豆のスープを食べる習慣があります。カトリック教時代に金曜日は断食の日とされ、前日の木曜日に栄養価の高い豆のスープを食べるようになったそう。

Hernekeitto is pea soup. In Scandinavia, there is an old custom of eating pea soup on Thursdays. During the Catholic era, Friday was considered a day of fasting, so people began to eat nutritious bean soup on Thursday, the day before.

ムナボイ Munavoi

 

ムナボイはゆで卵とバターをシンプルに混ぜる料理です。卵とバターの割合はお好みで、バターは有塩バターを使えば味付けは不要。卵の潰し方も自分好みに仕上げます。そうして作ったムナボイをカルヤランピーラッカに乗せて食べます。 Munavoi is a simple mixture of boiled eggs and butter. The ratio of eggs to butter is up to you, and if you use salted butter, no seasoning is needed. Munavoi is served on top of Karjalanpiirakka.

ロソッリ Rosolli

 

フィンランドでは朝ごはんにサラダがよく食べられています。普段はトマトやキュウリ、レタスなどですが、クリスマスの時期には茹でたビーツやジャガイモをサワークリームで和えた特別なサラダ、ロソッリを食べます。

In Finland, salads are often eaten for breakfast. Usually it's tomatoes, cucumbers and lettuce, but during Christmas time they have a special salad called rosolli, which is boiled beets and potatoes with sour cream.

ベリージュース Marjamehu

 

ベリーの種類が豊富なフィンランドではベリーを使ったジュースが日常的に飲まれています。ビルベリーはブルーベリーより実が小さく、果肉が赤い、定番の野生のベリー。シーバックソーンは栄養価が高く、「奇跡のフルーツ」として近年注目を集めています。

In Finland, where there is a wide variety of berries, juice made from berries is consumed on a daily basis. Bilberry is a popular wild berry, smaller than blueberry and with red flesh. Sea buckthorn is highly nutritious and has been gaining attention as a "miracle fruit" in recent years.

ラスキアイスプッラ Laskiaispulla

 

キリスト教に由来する復活祭(イースター)の40日前の火曜日に当たる日にラスキアイネンという祭に欠かせないお菓子パン。スウェーデンではマジパン入りが一般的で、ジャム入りはフィンランドで生まれたアレンジだとされています。

This sweet bread is an essential part of the Christian festival of Laskiainen, which falls on the Tuesday forty days before Easter. In Sweden, it is usually filled with marzipan, while the jam-filled version is said to have originated in Finland.

協力

Johanna Nousiainen

上原かなえ(サルビア工房)

フィンエアー(フィンランド航空)

外苑前店

東京都渋谷区神宮前3-1-23-1F

  03-3401-0815

7:30〜20:00(L.O. 19:30)

​吉祥寺店

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-2-102

  0422-27-6582

7:30〜20:00(L.O. 19:30)

※土日祝の15時までは混雑のため電話に出られないことがございます。土日祝のお電話は、15時以降にお掛けください。

copyright  © WORLD BREAKFAST ALLDAY  all rights reserved.