変則営業のお知らせ

⁣メニューの変更に伴い下記の通り営業時間が変則的になります。ご迷惑をおかけしますがご了承ください。⁣ ⁣⁣ ⁣9月30(月)⁣ ⁣原宿店:通常営業⁣ ⁣外苑前店:13時半ラストオーダー14時閉店⁣ ⁣⁣ ⁣10月1(火)⁣ ⁣外苑前店:通常営業⁣ ⁣原宿店:13時半ラストオーダー14時閉店⁣ ⁣⁣ ⁣なお、ノルウェーのメニューは9月30日と10月1日の提供をもちまして食材がなくなり次第の終了となります。まだ召し上がっていない方は是非!⁣ ⁣⁣ ⁣10月2(水)より新メニューのポルトガルがスタートします。お楽しみに! #営業時間 #ノルウェー

10月と11月はポルトガルの朝ごはんを特集します

⁣ヨーロッパで最も西に位置する、ユーラシア大陸さいはての国、ポルトガル。15世紀から17世紀にかけて、ヨーロッパからアフリカ、アジア、アメリカへ大規模な航海が行われましたが、その中心はポルトガルでした。1543年にポルトガル船が種子島に漂着して以降、キリスト教や鉄砲をはじめ、ポルトガルのモノや文化が日本に伝来し、定着しました。日本にとってポルトガルは、470年以上も交流が続く、遠くて身近な国なのです。⁣ ポルトガルの朝ごはん 1500円 ⁣⁣ ⁣今回、WORLD BREAKFAST ALLDAYがご用意したポルトガルの朝ごはんは、定番のトーストサンドイッチ、トースタ・ミスタを中心としたワンプレート。たっぷりのチーズとハムをはさんで焼いたトースタ・ミスタに、豆を煮込んだ家庭料理のフェイジャオン、ポルトガルの高級天然天日塩、フロール・デ・サルとオリーブオイルでシンプルに味付けしたサラダ・ミスタ、マルメロのジャムを型に入れて固めたマルメラーダとチーズを合わせました。ポルトガルの朝の食卓には欠かせない、搾りたてのオレンジジュースとぜひ一緒にお召し上がりください。⁣ ⁣⁣ ⁣そのほか、大航海時代に長崎に伝わり、後にカステラのルーツになったパン・デ・ローや首都リスボンで有名なお菓子、パステル・デ・ナタ(エッグタルト)、食前酒や食後酒として世界中で親しまれているポートワインなど、ポルトガルならではのデザートやドリンクも多数ご用意します。また、期間中はポルトガル料理や食文化について学ぶワークショップなどのイベントを開催予定です。⁣ ⁣⁣ ⁣ポルトガルの朝ごはん⁣ ⁣10月2日(水)~12月1日

メニューの監修をして頂いたノルウェー出身のシャネットさんにノルウェーのごはん事情について教えて頂きました

子どもの頃から「いつか海外で暮らしてみたい」と思っていたという、ノルウェー出身のシャネットさん。高校生の頃から日本語を勉強して、日本の大学に留学。卒業後も日本で暮らす彼女に、ノルウェーのごはん事情について教えてもらいました。 ◯ ノルウェーでは普段、どんな朝ごはんが食べられていますか? 家族によりますが、昔からパンにポーレッグ(パンにのせる具材の総称)を乗せて食べるのが伝統的なスタイルですね。穀物がたっぷり入ったパンにブラウンチーズやスタッブル・マクレッル(サバのトマト煮の缶詰)、穴の空いたヤールスバーグチーズや野菜を乗せて食べます。最近ではヴィーガン、ベジタリアンの人も増えていて、スムージーやグラノーラなども一般的になりました。 ◯ 個人的に好きなポーレッグは何ですか? ブラウンチーズですね。クネッケブロー(穀物を豊富に含んだクリスピーなパン)に乗せて食べるのが一番好きです。毎回、ノルウェーから日本に戻るときには、クネッケブローをたくさん買って来ます。 ◯ 朝ごはん以外で、ノルウェーらしい食べ物といえばどんなものが思い浮かびますか? ノルウェーサーモンとディルの組み合わせはノルウェーらしいと感じます。それと、ノルウェーではスープもよく食べるので、たくさんの種類のスープがあります。トナカイのお肉が入ったスープもありますよ。 ◯ ノルウェーは物価が高いと聞きました。 朝ごはんで食べるパンやポーレッグはそれほど高くはないのですが、一番高いと感じるのはお酒ですね。レストランでビールを頼むと1000円以上はしますし、ファーストフードも高くて、ビックマックのセットも1000円以上します。

【イベントレポート】イェンスさんによるバカラオのオーブン焼きを作る料理教室

8月、9月特集国のノルウェーの料理教室、第2回の模様をお届けします。 講師には前回に続きノルウェー出身のイェンスさんと、奥様のかおりさんをお招きしました。 悪天候の影響もあり、少人数での開催になりましたが、アットホームな雰囲気で盛り上がりました。 今回のレシピは、ノルウェー産の干し鱈バカラオを使ったオーブン焼き・オイルサーディンのオープンサンド・ノルウェーワッフルの3種。イェンスさんの英語での説明をかおりさんにフォローしていただきながらおこなわれました。 まずは水で塩抜きした大きな鱈を下ごしらえしていきます。立派な鱈に参加者のみなさんから思わず歓声が…。 前回同様、骨抜きがみなさん手こずっていました。 鱈は日本のものでもできますが、やはりノルウェー産のものと比べると風味は異なるようです。本場の味を楽しみたいなら、やはりその国の産地のものを使うのがおすすめです。 今日のオーブン焼きは野菜もたっぷり使います。 先生の丁寧なレクチャーの様子。参加者の方々は普段からお料理されている方が多く、塩の分量や切り方など、細かく質問していました。調理はとてもスムーズです。 オーブンで焼くためにバットに材料を入れ替えているところ。交代しながら先生と共同で作業を進めていきます。 お野菜の上に乗せられたメインのバカラオ。完成は間近…。 魚が焦げないように蓋の役割をするトマトを上に乗せていきます。 最後に生クリームをまんべんなくかけて、オーブンへ。彩り豊かですでに美味しそう! 焼きあがったら仕上げにゆで卵をのせ、オリーブ、にんにくをバターで和えたソースをかけていきます。かけた瞬間、食欲をそそるかおりが店

【イベントレポート】食を通してノルウェーを知るパーティー

WORLD BREAKFAST ALLDAYでは食文化を通してその国を知り、身近に感じてもらうことを目的として、特集国ごとにパーティーを開催しています。現在特集しているノルウェーにちなんで開催した、「食を通してノルウェーを知るパーティー」のレポートをお届けします。 ノルウェーの朝ごはんの企画にご協力いただいたノルウェー出身のイェンスさんと、奥様のかおりさんご夫妻にもご参加いただき、ノルウェーにまつわるたくさんのお話をしていただきました。 お店でも提供しているノルウェーの朝ごはんを中心に、様々なノルウェーのお料理がテーブルを彩ります。 まずは前菜にプレートいっぱいのボイルした甘えび。 ポーレッグの盛り合わせ。 ノルウェーでパンにのせる具材を総称してポーレッグと言います。 今回は、ヤールスバーグチーズ、レバーペースト、サラミなどをご用意しました。 続いてゆで卵とチューブに入った魚の卵のペースト「キャビア」のオープンサンド。 キャビアはWORLD BREAKFAST ALLDAYオリジナルのものを使用しています。 ノルウェーのスタブラ社の鯖のトマトソース煮込み。 かわいらしいイエローのポップな缶詰に入っています。 見た目の色は濃いですが、身は柔らかくマイルドな味わいです。 ビュッフェスタイルのパーティーなので、参加者のみなさんは思いのままにお料理を楽しんでいました! 珍しいお料理や、ノルウェーへの興味で会話も自然と弾みます。 食事中には、イェンスさんご自身で撮影されたノルウェーの写真をスライドショーで上映し、いろいろなお話をしてくださいました。 上映してくださった写真を使って、今後ノ

【イベントレポート】イェンスさんによるノルウェー特産バカラオのトマトシチューを作る料理教室

特集国のノルウェーにちなみ、日本ではまだ珍しいノルウェーの料理教室を開催しました。 講師にはノルウェー出身のイェンスさん。 イェンスさんは干し鱈を中心としたノルウェー産のシーフードを輸入販売する会社を経営。それだけではなく、これらの魅力を広めるためにご自宅で自ら料理教室を開催されています。 イエンスさんの料理教室は英語でおこなわれましたが、ジェスチャーを交えて分かりやすく、細かいところは奥様のかおりさんが通訳してサポートしてくださるので、英語が苦手な方でも安心して楽しめました! まずはメインのお料理、ノルウェー産の干し鱈「バカラオ」を使ったトマトシチューから。 水に浸けて塩抜きした干し鱈の皮を剥いて、骨を取っていきます。 手で触りながら骨を感じて取るのがポイントのようですが…。 鱈の身がしっかりしてるのでなかなか難しく、みなさん苦戦していた模様。 苦労の末、なんとか骨抜きが完了しました! 交代しながら野菜を切ったり炒めたり。イェンスさんにリードしてもらいながら協力して調理を進めていきます。 ちなみにノルウェーではガスではなく電気での調理が一般的とのことで、煮込み料理は時間もかかるんだそうです。 材料を全部入れたあとは煮込むだけ。 基本的に味付けは不要です! ノルウェーの干し鱈は1週間塩漬けしてから干しているので、魚の旨味も栄養もギュッと詰まっているんだそうです。 だから味付けは魚自体のダシと塩気で十分。 とても美味しそうなバカラオのトマトシチューができあがりました! 1人1人に優しく丁寧に話かけてくださるので、参加者のみなさんと先生の距離も近く、和気あいあいと進んでいきます。そ

外苑前店

東京都渋谷区神宮前3-1-23-1F

 03-3401-0815

​吉祥寺店

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-2-102

 0422-27-6582

copyright  © WORLD BREAKFAST ALLDAY  all rights reserved.