【イベントレポート】崔さん手作りのキムチずくめのお食事会

8月21日に開催した「崔(チェ)さん手作りのキムチずくめのお食事会」の模様をお届けします。 今回は、韓国の特集の際に水キムチ作りのワークショップが大変好評だった、崔さんによる前菜からデザートまでフルコースの手作りキムチ料理をお召し上がりいただくワークショップ。 リピーターの方も含め、たくさんの方がご参加くださいました。 まずはウェルカムドリンクの蓮茶から。 白い蓮の花を使った見た目もとても綺麗なお茶。写真映えもよくみなさん次々に撮影していました。 この中のお茶をオタマですくって飲みます。色味が薄いわりに風味があり飲みやすい味わいです。 今回のメインイベント、食べ比べ用のキムチがこちら。写真右から2週目、5週目、6ヶ月目、そして一番奥はなんと3年とそれぞれ漬けた期間が異なっています。 漬けて間もないうちは辛味が強くシャキシャキと歯ごたえのあるキムチが、漬ける期間が長くなるにつれて、柔らかくなり独特の風味が増していきます。1年以上のものは通常洗って食べるんだそうです。 さて三年もののお味は、、? よくあるキムチの味とは異なり、辛味は弱くしっかり漬け込んだ漬物のような味で、それだけで出されていたらキムチとは気づかなったかもしれません。 冬瓜の器に盛られているのは白菜とレンコンの水キムチ。 前回のワークショップでは参加者の方にお作りいただきました。汁も飲むのがポイントです。 今日のは約一ヶ月漬けたもの。 水キムチはやはり人気で、みなさん何度もおかわりして召し上がっていました。 そして韓国料理の定番のひとつ、キムパ。 ごま油、お野菜の入った韓国風海苔巻きです。今回はキムチを使って作ってい

期間限定の「ルイジアナの朝ごはん」が登場!

原宿店では2019年8月19日(月)から9月1日(日)までの期間限定で、タバスコソースを製造しているマキルヘニー社とコラボレーションし、「TABASCO® BRUNCH CLUB」と題して「ルイジアナ」を特集します。 アメリカ南部のルイジアナ州、最大の都市ニューオリンズはジャズ発祥の地として知られています。18世紀にアフリカやフランスをはじめとするヨーロッパ各地からルイジアナ州に移住してきた人々の文化が融合して、ジャズの他にもクレオールやケイジャンといった独自の文化が生まれました。今回、WORLD BREAKFAST ALLDAYがご用意するのは、そんなルイジアナの文化がつまった「グリアード・アンド・グリッツ」という、タバスコソースが入ったスパイシーな朝ごはんメニューです。朝ごはんの他にも、タバスコソース入りのスパイシーなアイスティーやタバスコソース入りのチョコレートをかけて食べる冷たくてスパイシーなサンデーをご用意します。 ルイジアナの朝ごはん 1,680円(税抜) 「グリアード・アンド・グリッツ」はタマネギ、セロリ、パプリカを炒めて作る「トリニティ」と牛肉をビーフストックで煮込んで作る「グリアード」をトウモロコシ粉とチェダーチーズで作る「チーズグリッツ」にかけて食べるルイジアナで人気の朝ごはんメニュー。タバスコソースが入ったスパイシーなメニューです。タバスコソースはルイジアナ州のエイブリー島で、5世代続くファミリー企業マキルヘニー社が、唐辛子、酢、塩のたった3つの材料を樽の中で熟成させて作る伝統のレシピで製造しています。エイブリー島は世界最大級の岩塩採取地で、タバスコソース

外苑前店

東京都渋谷区神宮前3-1-23-1F

 03-3401-0815

​吉祥寺店

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-2-102

 0422-27-6582

copyright  © WORLD BREAKFAST ALLDAY  all rights reserved.