12月と1月はドイツの朝ごはんを特集します

2ヶ月間にわたって特集してきたモロッコの朝ごはんは本日(11月25日)が最終日です。まだ食べていない方は是非ご来店ください。さて、モロッコに続いて今週11月27日(火)からはドイツの朝ごはんがスタートします。 ヨーロッパ大陸のほぼ真ん中に位置し、9つの国に囲まれているドイツ。ドイツ料理は、隣国フランスをはじめロシアやハンガリーなど多文化が溶け込んだ、いわば「ヨーロッパ料理」です。また、16の州からなる連邦制のドイツは、地方によっても様々に異なる豊かな食文化が楽しめます。季節はもうすぐクリスマス。クリスマスはドイツの人にとって一年で一番大切なイベントです。クリスマスシーズンを含む12月と1月のワールド・ブレックファスト・オールデイは朝ごはんを通してドイツを旅します。 ドイツの朝ごはん ¥1,500(税抜き) 2018年11月27日(火)からスタート 2019年1月27日(日)まで 今回ご紹介するのはミュンヘンが州都のドイツ南部・バイエルン州の伝統的な朝ごはんメニュー。バイエルン州には、非常に傷みやすいため朝早く作って朝ごはんに食べる習慣がある白いソーセージ「ヴァイスヴルスト」があります。甘いマスタードをつけて、腕組みをしたような独特の形の「ブレーツェル(英語ではプレッツェル)」と一緒に食べるのが典型的な朝ごはんメニューです。生乳を乳酸菌発酵させて作るドイツのフレッシュチーズ「クワルク」やレンズ豆のサラダとともにワンプレートにしました。ドイツの朝ごはんの提供期間中は朝ごはんの他にもドイツの伝統的なドリンクやデザートなども多数ご用意します。また期間中はドイツの料理教室や食文化つ

外苑前店

東京都渋谷区神宮前3-1-23-1F

 03-3401-0815

​吉祥寺店

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-2-102

 0422-27-6582

copyright  © WORLD BREAKFAST ALLDAY  all rights reserved.