What is breakfast?

日本の朝ごはんといえば、白いご飯と味噌汁、納豆や海苔、そして焼き魚や玉子などが定番でしょう。手に入りやすい食材、栄養のバランスが取れていて、飽きない、日本人には完成された朝ごはんの献立です。昼ごはんや夜ごはんは毎日違う料理を食べますが、一方で朝ごはんは毎朝同じようなものを食べる習慣があります。世界各国にはそれぞれの国に決まった朝ごはんメニューがあります。

Japanese breakfast

四方を海に囲まれている日本。海苔やワカメのほか出汁に使う鰹や昆布、煮干しに至るまで、朝ごはんには海産物がたくさん使われています。またかつて動物の肉を食べなかった日本では、味噌や納豆といった大豆製品からタンパク質を補っていました。また何と言っても日本の食卓に欠かせない白いご飯は2000年以上も前から食べている日本の主食です。

Breakfast around the world

ワールド・ブレックファスト・オールデイのメニューはそうした世界各地の伝統的な食文化が凝縮した朝ごはんのメニューです。伝統的な朝ごはんは世界的に消えつつありますが、そこには歴史や、文化、栄養、生きることを楽しくしてくれるヒントがいっぱいつまっています。ワールド・ブレックファスト・オールデイで朝ごはんを食べる体験を通して、世界の文化に触れる特別な体験をして頂けたらと考えています。

朝ごはんのメニュー開発には、大使館や政府観光局といった各国政府機関や航空会社のほか、東京在住の現地出身の方にご協力頂いています。現地の方から朝ごはんを教えていただく体験は、等身大の文化を感じる素晴らしい体験です。その楽しさや各国それぞれの素晴らしい文化を朝ごはんを通してお客様にもお伝えしていきたいと思っています。

copyright  © WORLD BREAKFAST ALLDAY

all rights reserved.